iPhoneがリンゴループしてしまったとき

直るかのまとめ

iPhoneの電源を入れた時にリンゴのマークが表示されます。いつもと違いなかなかログイン画面に変わってくれません。この現象をリンゴループといいます。様々なパターンがあり、直ることもありますが復帰できないこともありますので、経験上のものになりますがご紹介していきます。

100%直らないケース

残念ながら復帰できないケースをご紹介します。

「ストレージの容量がいっぱいになります」という警告がでていた

動画をたくさん記録している人によく見られます。この警告が出た時、動画をためらわずに削除しないといけません。リンゴループの間隔は2分ぐらいが特徴です。アップルではこのようなことは無いというらしいです。データーの記録が限界を超えてしまった瞬間リンゴループになります。データーを削除して初期化すると直ることが稀にありますが、そのiPhoneを使用し続けていてデーターはそれ程なくても動作が不安定になるということがほぼ100%起こるということから直らないケースに含ませていただきます。

水没してしばらく使えていた

水没して問題なく利用していてというケースでのリンゴループは、ほぼ復旧不可能になります。iPhone修理のお店での基板洗浄は精製水よりも純度の高い水を使用しミネラル分をできるだけ取り除く作業をするところが多いです。この作業は、基板のショートを防ぐ効果が狙いになります。そのまま乾燥させてしまうと、ミネラル分が基板の中のものをショートさせやすくしてしまうので、iPhoneが水の中に落ちたけど、画面はきれいで問題ないと思い使っていたけれども突然リンゴループが始まったというケースが起こります。基板の中の多くのものがショートしてしまい、記憶領域が破損してしまうことから、専門業者に委託しても復旧不可能というケースがあります。

夏のポケット冬のコートの内側

​このリンゴループの判定がわかる人は非常に少ないです。iPhoneの画面を外すと、SIMカード付近と耳のスピーカー付近に水没すると赤くなるシールがあります。ここの色のつき方でわかる観察力のある方ならば、お客様に「ポケットに入れていましたか」と質問するでしょう。通称、汗蒸れ水没と名付けました。汗には塩分があります。海水に落とすようなものです。

基板修理で直るケース

iPhoneを落としてしまうと起こるリンゴループ

運が悪いと、基板のチップに問題が起こり電気の流れがうまくいかずにリンゴループになります。リンゴがついて消えるまでの間隔が約20または40秒ぐらいになるのが特徴です。充電時の電流を計測して判断するケースが多いです。水没していなければ高確率(90%以上)で成功します。

水没してクリーニング直後に起こるリンゴループ

水没直後安全に電源をOFFにできたのにもかかわらず、クリーニング終了後に起こるリンゴループです。本来漏電したりするはずなのに奇跡的に動作していると起こる現象です。やってはいけませんが、水没後、電源をOFFにしてもう一度ONにすると起こると思います。この場合は確実に破損するパターンかもしれないので絶対に行わないでください。クリーニング後、きれいになってしまったがために配線の一部が繋がらなくなって起こる現象です。クリーニング後に充電のモニターを観察すると一部の修理店ではわかる人がいます。この場合の基板修理の成功率は50%前後かもしれません。

​ホームボタン関連のトラブル

ホームボタンを交換して直るケース

ホームボタンが断線したり、ボタンの表面が割れたりすると起こることがあります。

画面交換して直るケース

よくある現象としては、iPhone7シリーズ、8シリーズ、SE第2世代で起こるケースです。ホームボタンは、iPhone6sより画面を通じて基板につながる構造となっています。ホームボタンは正常なのですがこの部分が断線していると起こります。iPhone7以降のモデルでは、リンゴループの間隔が10分と長めです。iPhone7シリーズ、8シリーズ発売直後のコピー画面はこの現象がありました。現在でも再生画面は、ホームボタンが無い状態でと稀にこの現象が起こります。個人的な推測ですが、基板または画面側のファームウェアが古いと起こるのではと思っています。

​画面の解説はコチラ>

​バッテリーが弱っているとき

バッテリーが劣化してくると起こる現象です。代表的なリンゴループの間隔は1秒です。リンゴがついたと思ったらすぐに消える感じです。バッテリー交換で解決しますが、経験の無い非正規店では検査も製しないで修理を断られたりすることもありますので、電話でこの話をして理解してもらえるお店に行きましょう。

内部パーツが原因

​原因はよくわからないのですが、内部の部品が正常に動作しているのにもかかわらず部品を交換すると改善するケースが確認されています。

  • 自撮りカメラ

  • ​充電コネクター

購入してからiOSを一度もアップデートしていない

まれなケースですが、iPhoneを購入して一度もiOSをアップーデートしていない場合で、電池がなくなり電源が切れて、その後充電したときにパースコード画面に切り替わらないという現象です。

現在確認できている共通点としては、iCloud情報が登録されていない場合に起こっています。iCloudを登録していたとしても何かしらの原因で同期できないなどの症状があると起こることもあります。非常にレアなケースです

iOSのアップデートやiTunesのアブグレードで改善でき、記録領域にしっかりとした空き(1GB以上)があれば100%大じょうぷだと思います。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2023 アマクボiPhone レスキュー/PKEN.ORG