新品型落ちで購入したiPhone7のバッテリーが持たなくなったという持ち込み

つくば市よりiPhone7のバッテリー交換の依頼です


お店で状態をチェックすると、2年以上使われたiPhoneではありませんでした。


新発売してから2年以上経過したiPhoneを新品で購入



最大容量が80%以上ある

最近多い持ち込みですが、「新品で購入したのに」というものです

新発売してから2年以上経過したのち、型落ちという形での正規店での購入だったそうです。そのためSIMフリーのiPhone7だそうです。


アップルでの型落ちiPhoneをどれくらい作られるのか、また、ストックや販売経路などは知りませんが、型落ちのリスクといってもよいのかもしれません。


新品で購入したiPhone7のバッテリーは通常3年は持つと思います。


今回のiPhone7のバッテリー交換前の診断は少し困難になります

  • 最大容量が91%あり、交換目安の80%よりもはるかに多い

  • 「バッテリーに関する重要なメッセージ」が表示されていない


iPhoneの利用状況のグラフを見てみると



アプリを使うと急激に減っている

iPhoneでも負荷のかからないアプリをすこし利用しただけでバッテリーが急激に減っています。

バッテリーが劣化しているとよく見られる現象です。

また、アプリを使っていないのにもかかわらず充電してもなかなか蓄電されていません。


バッテリーの交換の目安です。


iPhone7のバッテリー交換にかかる作業時間は10分程度です。

診断とかには時間が少しかかりますがこれを含めても15分ぐらいで終わりました。


店長より

寒くなってくると、画面交換よりもバッテリー交換の比率が上がってきます。iPhone修理店の中には、「周りのお店と比較して当店のバッテリーは優秀」というところもありますが、そのお店のバッテリーが2年後当店で交換される事例も多々あります。個人的には、非正規店のiPhoneのバッテリーにはそれほど差はないと思います。あるとすれば初期不良くらいでしょう。

バッテリーの初期不良は、業界では20~30個に1つですが、アマクボiPhoneレスキューで取り扱っているバッテリーは、100~300で1つぐらいです。昨年から使い続けて1個しかなかったので、遠方からのご来店の方は是非ご検討ください。


  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2023 アマクボiPhone レスキュー/PKEN.ORG